コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

勘違いボス

妊娠の報告をしたときにいろいろあった、あの上司のことを少し書きます。(そのときの過去記事はコチラ

うちの会社はIT関係なこともあり社員は全体的に若い。あのとんでもないボスは当時38歳。これで最年長です。

営業職なので、サッパリ、スッキリ、爽やかである事が必須なはずが、彼はどうも違う。茶髪、ロン毛、香水プンプン。何度も言いますが38歳です。

サーファーで、肌は日サロで焼いているので、雪が降る日でも真っ黒です。また言いますが支店長です。

支店では一番エライので、お客様のところに挨拶に行くのが仕事です。サポート職として一緒に同行すると、初対面のお客様がボスの異様な姿に釘付けになっているのが判ります。

私がそのお客様に何度も訪問するようになり、仲良しになっていろいろ話せるようになると大抵「おたくの支店長さんって・・・」という話になり・・・私が逆に「あの髪なんとかならないかお客様から言ってもらえませんか?」と冗談で頼む始末です。

多分・・・自分でイケてると勘違いしているのは間違いありません。勘違い男なので、同じように勘違いしている女からは「カッコいい」と思われているようです。

なので、女が切れることもありません。常に女の陰がチラチラしています。

なんでそんなことが判るのか・・・。
それはアホな会話を平然と会社でしているからです。

さあ、これから会議です。みんなが集まりだしてあと2人来るのを待ちましょう・・・というタイミングでボスが・・・

「あぁー、セックスしたい」

って。なんだそりゃ?目の前には女性社員も数人いるのです、全くデリカシーもプライバシーもありません。

でも、いつものことなので私も他の女性社員もイチイチ反応しません。男性社員達だけで普通の会話のように話を続けます。
今の恋人がこんな女性で、この間はこんなホテルで・・・という話です。

普通の女性なら目の前でこんな話をされたら不快になるのでしょうが、いつものことだしもっとエゲツナイことも普通に聞かされる会社なので、気にならなくなりました。

慣れとは、怖いものです・・・。本当にうちの会社はセクハラ団体のようなものです。

ただ・・・どうも話す毎に恋人が違っているような気がして・・・。おいおい、また違う女なのかい?

世の中にはそんなに勘違い女が多いのかい?

ちなみに彼・・・お客様のところで美人を見つけると手を出すのです。結婚暦もありますが、元妻も元お客。完璧な面食いです。

恋人も写真や目撃情報によると、全て美人です。私の知っている元恋人のお客様もかなりの美人でした。

38歳にもなって顔から入っているようでは、良い恋愛ができるとは思えません。だから長続きもしません。

どんなに心の美しい人でも見た目が美人でなければ受け付けないらしい・・・。

前に聞いたのは、「出会い系でメール交換をして、考え方もしっかりしてて、すごく意見の合ういいコを見つけて、一緒にご飯を食べに行く事になったのだけど・・・」

「会ってみたらこんな(手を広げて)で騙された!って思った」(太っていたと言いたいらしい)

「だからと言って置いていくわけにもいかず、紳士的にご飯をご馳走して送り届けたよ。でももう連絡あっても無視してるから」

それって紳士的って言うの?騙されたのは女性のほうでしょ?ていうか、「出会い系」ですか???

はぁ・・・だんだん悲しくなってきました。なんでこんなロクデナシの下で働かなきゃいけないんだろう・・・。

仕事上で嫌なことがあるならともかく、それ以外のことだなんて・・・。

あれから2年、彼はとうとう40代に突入しました。少しは成長したのだろうか・・・と期待してみたものの。

日サロは焼きすぎで健康を害して(笑)止めたらしく、白くなりました。が・・・ロン毛は変わらず、茶髪は増えてきた白髪が半々でまだら茶色になり、はっきりいってキタナイだけです。

香水は相変わらず。サーフィンは仕事が忙しくてやってなさそうです。

女性社員の結婚式に来賓として呼ばれましたが・・・そのボスとまたその上のボスがついたそのテーブルはキタナくて見ていられませんでした。

正直、花嫁がお気の毒になったくらい・・・うちの旦那さんもその場にいましたが、「来賓テーブルが異様だった」と言ってました。

勘違い男の勘違いは永久に続きそうです。誰か・・・彼を正気に戻してください(-_-;)

私生活がメチャクチャなので、仕事のやり方もメチャクチャなのは当然です。

毎日、言っている事が変わる。極端な例で言えば「○を×と読め!」と間違った事を言った次の日には「なんで○が×なんだ!」と言って社員を叱ったり

聞いてもいない事を「昨日指示したのに、何故やっていないのだ?」と言いがかりをつける。これ、悪意ならまだしも本人は指示したつもりなので手に負えません。

社員達はボスが怖いので反論は一切せず、本当に聞いてないのに聞いていたかのように謝り仕事を進めます。

私が育児休暇を貰うまでは「聞いていません」という人もいましたが、復帰してからは誰も言わなくなっていました。それが「良い社員」というような間違った風潮もできあがっていました。

実は、この2年の間にメンバーがごっそり変わっているのです。やっぱり、ボスについていけない人、耐えられない人が多くて社歴の長い人がほとんど居ません。

耐えられる人、反論して自己主張できる数人だけが残り、あとは2年未満の新人社員が入れ替わりに入っているような形です。派遣社員も1名いますが、全く長続きしません。入れ替わりの激しい会社です。

ボスは、なぜ彼らが仕事を続けられずに辞めて行くのか気がついていないし、考える事もしません。考える必要性にも気がついていません。

ただ、「辞める」のと「新しく採用する」という事実だけが頭の中にあり、どうすれば長続きするのかということは全く考えていません。

社員が「辞めたいのですが・・・」と言った瞬間、仕事の後先も考えず、言葉少なに「なら、明日からもう来る必要はない」と言い放ち、最終出社日まで冷たい態度をとり続けることしかできない寂しい人です。

送別会も形だけ。最初の乾杯だけに出て、後はこれみよがしに途中退席し帰ってしまいます。「今までお疲れ様」の一言もありません。

彼が、見た目の美しさを超える心の美しい女性と出会い、心が幸せで満たされればきっと他人である私達にも思いやりを持って接することができるようになるでしょう。

そういう意味では、そういう出会いを自分からシャットアウトしてるし、悪循環でとても不幸で可哀相な人なのです。

早く幸せになって、私達にも優しくして~~!その一言に尽きます。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

父と母と妹と・・・旦那さんと

久しぶりの更新となります。最近ちょーっと忙しかったのです。申し訳ありませんでした。

さて、先週末は久しぶりに楽団のイベントに参加しました。本当は朝からリハーサルがあったのですが、子守の事情で本番前の午後からの参加。

仕事に復帰してからは初めてのイベントです。練習に参加するのもなかなか大変でしたが、本番のステージに立つと「やっぱりここに来れて良かった」という思いです。

本当は旦那さんに娘をみてもらう予定でしたが・・・私のイベントと彼のイベントが重なりました。

旦那さんはスポーツをやっていて、当日は試合があるというのです。娘が生まれ私が楽団に復帰して1年、今まではスレスレ重ならなかったのがここに来てガッチャンコです。

そこで第2の手段、実家の母にみてもらおうと連絡をすると「え~、旅行いくんだけど」って・・・そんなぁ。

もうダメか・・・と思ったが。ちょっと待って!育児は私と旦那さん2人の仕事。私の方が早く帰る平日ならともかく当日は日曜日。なんで、なんで私だけが我慢しなきゃならないの?旦那さんだけが楽しく試合に行き、私と娘がお留守番なんて有り得ない!

かといって旦那さんの実家に預けるのは気が退ける。(嫁が遊びに行くために子供を預けるのは・・・ダメかなぁ・・・とここだけは「良い嫁」のフリ)

またまた私の実家でなんとかお世話になろう・・・考えた結果、居ました適任者。ジっちゃんが。父親は私と妹2人自分の娘を育てている、孫娘の1人ぐらいなんてことないでしょう・・・と考えました。

でも、ジっちゃんは娘と遊ぶことはあっても「子守」という概念でみてもらったことはない。若干の不安は残しつつも頼んでみると「2時間まで」との条件でOKしてくれました、ヨカッター。

当日は預ける少し前に実家に到着し、娘とジジィを慣れさせ、替えたことのない紙オムツの替え方を説明し、娘が気がつかないうちにそっと出てきました。私と妹は布オムツ育ちです。

「2時間だったら、ウ○チしない限りはオムツ替えなくてもいいよ」

実は朝から2回もしたから、今日はもうナイと思ってそう言って出てきたのです。


2時間後、本番が終了し実家へ帰ると・・・スヤスヤ眠っている娘の側でヘトヘトになっているジジィの姿が・・・。

あれ?

事情をきくと、予想外のウ○チをしたらしく、私の妹(←子育て経験全くナシ)の手も借りて2人でバタバタだったらしいのです。

あ・・・ゴメンね、お疲れ様、ありがとう。

思いつくだけの謝辞と賞賛の言葉をかけました。それにしても我が娘・・・ジジィしかいないところでウ○チするなんてなかなか度胸あるじゃないの!なんだか笑えてきちゃいました。

終わってからの仲間内の打ち上げに娘も連れて行く(しかなかった)予定でしたが、丁度ババが帰ってきてくれたので改めて預ける事が出来ました。

近くのココスで待ち合わせて、女同士のとりとめのない話。久しぶりにゆっくり食事ができました。子連れだとこうはいかないから・・・。女5人、1つのテーブルでご飯食べると、いろいろちょっとずつ食べたい人ばかりなのでテーブル上が大変なことになります。はっきりいって・・・狭い!

食事を終えて実家に帰ってみるとジジィにぴったりくっついて離れない娘。娘にとっては一緒に過ごした今日一日がとても楽しかったようです。

ジジィもさっきのバタバタを忘れて傍らに孫娘を置いてうれしそうです。あーよかった。そこに娘が・・・

「じっじ・・・」

え!今なんて言った?「ジジィ」って言った?まだ数語の単語をポツリとしか言えない娘がはっきりそう呼んだのです。まだ私のことさえ「お母さん」と呼んでくれないのに!

これまた予想外の「ご褒美」でした。ジジィは満面の笑みで娘を抱き上げました。でも「単なる偶然だ」と言うのです、50男の照れです。

今日・・・預かってもらってヨカッター。

しかし、やっぱり疲れたのか実家を出発する時にはコタツでうたた寝をしているジジィ。今日は本当にありがとうね。

夜、自宅に帰って旦那さんと今日の報告をし合いました。旦那さんは1勝2敗、私はお客さん層が年寄りチラホラ。

アンコール曲は実は本番の時に初めて吹きました。(ごめん、おやびん(^_^;)「夏は来ぬ」って結局「夏」がこないの?来たの?それすらも判ってません(-_-;))

打ち上げは旦那さんもココスだったそうです。70キロ離れてるそれぞれのココスで身体を酷使した旦那さんは「和」、座ったままの私は「カレー」を食べました。あれ?

父、母、妹の3人には世話になりました、感謝です。

夫婦でお互いの趣味を両立させるのって、大変だけど大切な事だな・・・と実感させられた1日でした。
RCOMMENT mini
最近の記事
プロフィール

ナカヨスキー

Author:ナカヨスキー
仕事も子育ても家事もしてたら、1日あっという間。
夫と2人の子供が同じ寝相で並んで寝てるのを見るのがちいさな幸せ
仕事も仲間に恵まれ充実してます
そんな日々を面白おかしくつづります・・・

応援お願いします
ランキュー

人気ブログランキング

かわいいもの
みつけた!
iconicon
これなーんだ。答えはクリック icon

ファッション、コスメ
↓人気ブランドコート30%OFF!
Rayの香里菜セレクト新ブランド
↓通販化粧品ならここ
サプリも豊富 コスメバナー

カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
おいしいもの発見

カリー亭の特製チキンカリー
骨付きもも肉が丸ごと入った、スパイシーなインド風チキンカリー

ブログ内検索
おすすめ管楽器屋さん
↓楽器はもちろん小物も充実
管楽器専門店 永江楽器

楽器の事なら石橋楽器!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。