コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

流さない涙

2つの葬儀がつづいた後、疲れで体調をくずしてしまった私達夫婦。ここでもいろいろ問題発生したのですが、それは後日語るとして・・・

続くときは続くのか・・・新たな訃報が届きました。

夫のおばあちゃんです。

腰も曲がらず、力仕事をどんどんこなしていた人でした。たまたま怪我をしたことで、足が不自由になったものの、畑仕事で鍛えた腕は頑健で、車椅子を自由自在に操りイキイキと明るくて可愛らしいおばあちゃんでした。

お正月とお盆には必ず挨拶に行っていましたが、結婚して2年たっても子供が出来ない私を見て、孫である私の夫を叱りつけていました。「ちゃんとしっかりせい!」と。

そのときは実際には作ってなかっただけなのですが・・・おばあちゃんにそれを話す訳にもいかず、夫は「そやなぁ、しっかりせんとなぁ」と優しく言っていたものです。

娘が生まれて初めて見せに行った時、おばあちゃんは涙を流して喜んでくれました。そんなに待っててくれたのなら、もっと早く産むんだったとすら思ったものです。

よくよく考えて見て納得。おばあちゃんにとって私の夫は一番若い孫で、みんな家庭を築き子供を設けていたのに、私達夫婦だけが子供がいなかったのです。

おばあちゃんは、きっとそれが気がかりだったに違いありません。全ての孫に子供が出来て安心したのでしょう。「曾孫は全部女の子だ・・・!」と言って笑っていました。

それから2年、御年92歳!大往生です。でも寂しい・・・涙が止まりません。

読経の声を聞きながら、数少ないながらも思い出が何度も何度も繰り返し流れていきます。

私と娘は、夫と離れて一番後ろの出入り口近くの席でじっと座っていました。

お経が終わり弔問客がぞろぞろと出て行く中、親類の皆が涙を流しながら棺に花を納めています。私は孫といっても義理なのでどこまで近づいていいのか判らずその場で待っていました。

娘にとっては曾おばあちゃんなので、お別れをさせたい!夫が私を手招きしているのが見えます。

近づいて驚きました。まるで怒ってるかのような、でも愁いを帯びた目。

泣いていたのか、それとも泣きたいのを堪えていたのか・・・あんな夫の顔を見たのは初めて。それを見た私の方が泣いてしまいそうだった。そのぐらい悲しい目でした。

幼い娘だけが訳も判らず、棺に入れる為の花を貰い
「お花もらったよ!お花きれいねー」とはしゃいでいたのが場の悲しさをより強調させていました。

夫はそんな娘を私から受け取り、おばあちゃんにお別れをさせていました。

出棺の時、後続車の運転を任された夫でしたが、見送る弔問客に一礼して車を出した時のあの表情としぐさを

私は一生忘れないだろう
・・・そう思いました。

本当は泣きたいのに堪えて涙を流さない。男の人は無意識にそうしてしまうのでしょうか。

目に見える涙と変わらないぐらい、流さない見えない涙がどんなに悲しくて、辛くて・・・不謹慎ですが、美しいか・・・よくわかりました。

私と娘は斎場にはついて行かずそのまま自宅に帰ることになっていましたが、私は夫の顔が頭から離れず、その場から去れずにしばらく呆然と立っていました。

本当に夫がいとおしくなり、できることなら車を追っかけてギュっと一回抱きしめてあげたい!と思ったものの、それができるはずもなくただ悶々とした時間が流れていきました。

弔問客はすっかり居なくなり、私は娘の手をひいてゆっくりと帰路についたのでした。

もし、私が先に死んだら・・・やっぱり夫は同じ顔で私を送ってくれるのだろうか・・・そんなことを考えながら、でも本当に悲しい時ぐらい、人の居ないところで私の為に存分に泣いて欲しい・・・そう思いました。

だって泣かないと・・・・・・辛いもん。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

ダンナさん、気丈な方ですね。
「美しい」と思った気持ち・・わかります。
抱きしめたい気持ちも・・
義母が義父を見送る時も、涙を流さず皆に一礼して
不謹慎ながら、格好いい・・って、思ってしまいました。

おばあちゃんに孫を見せることができて良かったですね。
ウチにも93歳になる祖母がいますが、孫を見るまで
ド根性で生きているんじゃないかと思います。

そんなことが…

昨日のお食事会で話を聞くまで、知らなかったので、ビックリしました。
まさか、よくウチの父が言ってた、「一度出した喪服は、3回着ることになる」が、本当に起こるとは思いませんでしたから…。

まみさん、本当に、大変でしたね。ご主人の気持ちを考えると、とってもつらい出来事でしたね。

お子さんを見せれたことは、よかったですね。私も、祖父はとうに亡くなってますが、祖母は両方、健在です。しかし、どちらも、90近い。正直、いつどうなるか、分からないのです。

おかげさまで、健在なうちに、花嫁姿は、なんとか見せれそうですから、子供も、見せたいものです。

訂正です~~

あ! 孫じゃなかった・・
曾孫でした~

こんこん さん

>「美しい」と思った気持ち・・わかります。

うれしいよ~~~ありがとうございます!!
本当に、そう思ったんだもんなぁ。こんこんさんのお義母さんもそうだったんですね。

私がもし夫を先に見送ることなったとしても、そんなことができる自信がありません。

93歳のばーちゃん!!長生きだ~。

うちのばーちゃん(現存中86歳)にとって孫である私はもちろんかわいいものですが、曾孫はその「かわいい」をとっくにとおり越しているらしく、60年前の子育ても思い出して、それはそれは・・・逢うと大興奮します。

ぜひ曾孫を見せてあげたいものですね。

はすきー さん

食事楽しかったね。

そうだな~~やっぱりばーちゃんには子供見せたいよね。
ぜひ早いとこ作って産んで育ててくださいな。

喪服は・・・もうしばらく着たくない・・・(T_T)
RCOMMENT mini
最近の記事
プロフィール

ナカヨスキー

Author:ナカヨスキー
仕事も子育ても家事もしてたら、1日あっという間。
夫と2人の子供が同じ寝相で並んで寝てるのを見るのがちいさな幸せ
仕事も仲間に恵まれ充実してます
そんな日々を面白おかしくつづります・・・

応援お願いします
ランキュー

人気ブログランキング

かわいいもの
みつけた!
iconicon
これなーんだ。答えはクリック icon

ファッション、コスメ
↓人気ブランドコート30%OFF!
Rayの香里菜セレクト新ブランド
↓通販化粧品ならここ
サプリも豊富 コスメバナー

カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
おいしいもの発見

カリー亭の特製チキンカリー
骨付きもも肉が丸ごと入った、スパイシーなインド風チキンカリー

ブログ内検索
おすすめ管楽器屋さん
↓楽器はもちろん小物も充実
管楽器専門店 永江楽器

楽器の事なら石橋楽器!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。